民話 望月の駒

望月の駒は、悲恋物語

 その昔、望月の牧は朝廷(ちょうてい)へさし出す馬の産地として名高いところでした。ある年、望月のとの様の館(やかた)に一人のむすめが生まれました。同じ日に、牧の馬屋で月毛(※)の駒が生まれました。  

 「同じ日に、姫(ひめ)と駒が生まれるとはまことにめでたいことじゃ。姫は生駒姫と名づけようぞ!」。との様はたいそう喜びました。

 やがて、姫は山に咲くユリのようにりりしく美しく育ち、月毛の駒は美しい毛なみのたくましい駒になりました。 姫のうわさ、駒のうわさは四方に広がりました。

 姫が十三才をむかえたある日、うわさを聞いた都の帝(みかど)からおめしがありました。「わが牧の姫に帝のおめしじゃ。わが牧も栄えるというものよ」喜びにわく館とはうらはらに、月毛は馬屋にふしたまま、かいばを食べなくなってしまいました。

 「望月一番の駒が病とは一大事」と手をつくしてみましたが、いっこうに良くなりません。そこで、浅間の行者にうらなってもらったところ、「生駒姫に恋しているのじゃ」というのです。  「帝にめされた姫に思いをよせるとはけしからん」。との様はたいへんなはらだちよう。ところが姫は、「わたしは月毛とともに、この自然の中でくらしとうございます」というのでした。

  困りはてたとの様は、月毛にあきらめさせるために、なんだいをもちかけました。「もし、鐘(かね)が四つ(十時)から九つ(十二時)を打つまでの間に、領内を三たびめぐりおえるならば、姫をあげよう」というのです。

 これを聞いた月毛は勇み立ちました。四つの鐘とともにかけ出した月毛は矢のように領内を走りぬけました。一たび、ニたび。そしてまだ九つには間があるというのに、三たびめぐり終えるところまで来ました。

 その時、なるはずのない九つの鐘がひびきわたりました。それを聞くと、むねもさけるばかり、足もおれるばかりにかけめぐってきた月毛は身もだえしながら、谷底へまっさかさまに落ちていきました。

 との様は「これでやっかいばらいもできたというもの。姫も都へ上がるであろう」と、にがにがしくわらいました。ところが、月毛の死を聞いた生駒姫は、都へ上るどころか長いかみをぷっちりたち切って、尼(あま)になってしまったということです。

(※月毛=赤みをおびた茶色)
(望月町教育委員会の協力を得て、地元に伝わる話を要約しました)

領内とは御牧七郷・・・

御牧七郷とは、 

地図でみたら