あるクマと行く中山道スマホ旅

2011年10月 望月浅科

というご案内を一昨日もらって、なんのこっちゃと思いながら土曜日に参加した。

スマホを使って、観光案内をするというのが簡単に言えばそうなるかな。

市が中仙道の要所要所にて、いろいろな物や史跡、飲食店などの情報を入力しておく。ここの寺はいついつできて、誰がどうのこうのといったのから、この店はなにがお薦めですよみたいのまで色んなコンテンツがある。

 スマホでは、専用のアプリをダウンロードしてそのアプリを立ち上げると、地図上にそのコンテンツがあと何メートルであるとか分かる。
 
 さらに、カメラ昨日を使ってARといったか、画面に行く手の映像を写して置くと、そこに各コンテンツの案内が浮かんでくる。そこをクリックすると説明や、写真、動画、音声などが出てくるということになる。


で、今回は初の試みだという事であるくま君も来てくれた。


中仙道に沿って5kmぐらいは歩いたろうか、


途中バスに乗って 極み卵かけご飯。の昼食。
米は、地元のおいしいの、卵も地元産の有機物、映ってないが味噌汁の豆腐も地元産という素材はなかなかに豪華で美味しかった。



感想や、意見を言って、お開きとなった。

 今回のメンバーは、NPOのメンバー、市の担当者、市のかき集められたヒト、アプリの開発会社、テレビのヒト、新聞のヒトなど盛りだくさんであった。

信濃毎日新聞に載りました。