和歌と短冊

望月を題材にした和歌は沢山

 紀貫之を筆頭に沢山の和歌に、「望月」が詠まれています。
有名なところでは

逢坂(おうさか)

(せき)清水(しみず)(かげ)()えて

いまや()くらんの望月(もちづき)(こま)

貫之

 

和歌の短冊

 和歌を短冊に書いて、各戸に配りました。

 

望月の和歌

 望月を詠んだ和歌です。沢山あるのですねえ。
 

 

望月(もちづき)

(こま)よりおそく()でつれば

たどるたどるぞ(やま)はこえつる

素性(すじょう)法師(ほうし)

逢坂(おうさか)

(せき)清水(しみず)(かげ)()えて

いまや()くらんの望月(もちづき)(こま)

貫之

望月(もちづき)

(こま)よりおそく()でつれば

たどるたどるぞ(やま)はこえける

素性法師

          あふ(おう)(さか)

(すぎ)村立(むらたち)ひくほどに

()ぶちにみゆる望月(もちづき)(こま)

良進法師

望月(もちづき)

(こま)ひくときは逢坂(おうさか)

()(した)やみも()えずぞありける

恵慶法師

あづま()

はるかにいづる望月(もちづき)

(こま)今宵(こよい)あふ(おう)(さか)(せき)

源仲正

嵯峨(さが)(やま)

千代(ちよ)のふるみちあととめて

また(つゆ)わくる望月(もちづき)(こま)

定家朝臣

あづまより

けふ(きょう)相坂(おうさか)(やま)こえて

(みやこ)にいづる望月(もちづき)(こま)

後京極摂政良経

逢坂(おうさか)

(せき)たちいづる(かげ)()れば

こよ()(あき)望月(もちづき)(こま)

大蔵卿雅具

(とし)()

(くも)のう()にて()(あき)

かげも(こい)しき望月(もちづき)(こま)

後嵯峨院

(ひき)()()

けふ(きょう)()るこそ(かな)しけれ

さやはまたれし望月(もちづき)(こま)

常盤井入道前太政大臣

ものごとに

去年(こぞ)面影(おもかげ)(ひき)()

おのれつれなき望月(もちづき)(こま)

前中納言定家 

 

逢坂(おうさか)

(せき)村杉(むらすぎ)()をしげみ

()えまに()ゆる望月(もちづき)(こま)

権中納言国信

(いま)もかも

()えせぬものか(とし)ごとの

(あき)(なか)ばの望月(もちづき)(こま)

権中納言公雄

むかし()

雲居(くもい)はと()くへだつれど

面影(おもかげ)ちかき望月(もちづき)(こま)

花園院

 

(きみ)()

あふ(おう)坂山(さかやま)関水(せきみず)

(かげ)しづかなる望月(もちづき)(こま)

俊成

もちづきの

御牧(みまき)にあるる(はる)(こま)

(あき)(なかば)(ひと)にひかれん

慈鎮

東路(あずまじ)

あきの(なかば)にひく(こま)

(みな)もち(づき)のか()にや()らん

慈鎮

逢坂(おうさか)

(せき)清水(しみず)にうつりきて

(かげ)にかげある望月(もちづき)(こま)

慈鎮

(あき)()

望月(もちづき)(こま)()(まで)

(みやこ)にいかがさのみすむべき

慈鎮

(かぞ)()こし

(あき)(なか)ばを今宵(こよい)とぞ

さやかに()する望月(もちづき)(こま)

定家

せき(みず)

(かげ)もさやかに()ゆる(かな)

(にごり)なき()望月(もちつき)(こま)

定家

嵯峨(さが)(やま)

千代(ちよ)古道(ふるみち)あととめて

(また)(つゆ)わくる望月(もちづき)(こま)

定家

笠山(かさぎやま)

くも()(いづ)(かげ)()

今日(きょう)(ひき)()くる望月(もちづき)(こま)

定家

望月(もちづき)

(こま)ひく(そで)(うち)しめり

さよふけにけり相坂(おうさか)(せき)

家隆

(ひき)()

かかる浮世(うきよ)逢坂(おうさか)

(くもり)りやすらむ望月(もちづき)(こま)

家隆

今日(きょう)しもあれ

逢坂(おうさか)(やま)のやまの()

()いできぬる望月(もちづき)(こま)

源順

()ふけて

瀬田(せた)長橋(ながはし)(ひき)(わた)

(おと)もさやけき望月(もちづき)(こま)

平忠度

足引(あしびき)

山路(やまじ)(とお)くやいでつらん

()(だか)()ゆるもちづきの(こま)

兼盛

望月(もちづき)

(こま)(ひき)わたす(かげ)()れば

覚束(おぼつか)なくて()えずぞ()りける

伊勢

望月(もちづき)

(こま)(ひき)()てゝ()やしける

みやは(かつら)(わた)りなるらむ

安法法師

望月(もちづき)

(こま)(ひき)(わた)(あき)()

(ひかり)さやけきものにぞ()りける

朝忠

(さや)かにも

()えずぞ()りける逢坂(おうさか)

(こま)より()ゆる望月(もちづき)(こま)

忠見

ひきつれて

くる(あき)ごとに逢坂(おうさか)

(やま)のは(いず)望月(もちつき)(こま)

伊勢大輔

望月(もちづき)

(こま)すら(とし)(ひか)るるを

(われ)すぐし()(あき)(かな)しき

曽根好忠

逢坂(おうさか)

(せき)もる(かみ)にこととはむ

幾夜(いくよ)()つる望月(もちづき)(こま)

中納言雅兼

望月(もちづき)

(こま)のあなたにみゆる(かな)

(ひき)(なら)べたる(かげ)にや有覧(あるらん)

入道大納言資賢卿

(いにし)()

昨日(きのう)()えし(ひき)つれて

けふ(きょう)逢坂(おうさか)のもちづきのこま

兼好法師

諸人(もろびと)

()つか()ありて(くも)()

(いま)ぞい()()望月(もちづき)(こま)

慶雲法師

今宵(こよい)こそ

雲居(くもい)にいづれ久方(ひさかた)

(そら)になだかき望月(もちづき)(こま)

慶雲法師

あふ(おう)(さか)

(やま)(だち)(いで)(くも)()

(かげ)さしのぼるもちづきの(こま)

後鳥羽上皇

望月(もちづき)

(こま)をけつけを逢坂(おうさか)

すきまのかげにあ()せてぞみる

源俊頼

(ひがし)より

(いま)やひくらむ(くも)りなき

御代(みよ)のためしの望月(もちづき)(こま)

宗良親王

(みやこ)へと

(いそ)ぐをきけば(あき)をへて

雲居(くもい)()ちし望月(もちづき)(こま)

宗良親王

あふ(おう)さかや

(やま)たちいづる望月(もちづき)

こまふきおくる夜半(よわ)(せき)(かぜ)

家長朝臣

(かざ)(ごし)

(みね)をはるかにひく(とき)

雲井(くもい)()ゆる望月(もちづき)(こま)

中原頼行

()(たか)

木曾(きそ)のかけはし()きわたし

雲井(くもい)にみゆる望月(もちづき)(こま)

為家卿

ひきわくる

(こえ)ぞい()ゆる望月(もちづき)

御牧(みまき)(はら)(こい)しかるらむ

俊頼朝臣

 

ひきわたす

瀬田(せた)長橋(ながはし)(そら)()れて

くまなく()ゆる望月(もちづき)(こま)

修理大夫顕季卿

望月(もちづき)

あまの(ひかり)をさそ()きて

雲井(くもい)にみゆるひきわけの(こま)

土御門院

望月(もちづき)

(こま)のつなす()てをはなち

(たな)()(くも)をまかせてぞみむ

観意法師

望月(もちづき)

(ひかり)にちかきうす(けむり)

一夜(いちや)ばかりのへだてなりける

為家卿

望月(もちづき)

(まき)(こま)(さむ)からじ

布引山(ぬのびきやま)(きた)(おも)()

西行法師

あふ(おう)(さか)

(かみ)()(むか)(かげ)をだに

清水(しみず)にとめよ望月(もちづき)(こま)

還誉法師

望月(もちづき)

(こま)ひき()ゆる(やま)()れば

覚束(おぼつか)なくも()かずぞありける

貫之

(みやこ)まで

(なつ)けて()くは小笠原(おがさわら)

みつの御牧(みまき)(こま)にやあるらむ

貫之

望月(もちづき)

(こま)()けふ(きょう)のひきわけに

また()ちいづる(くも)上人(うえびと)

衣笠内大臣

望月(もちづき)

つき()(こま)あふ(おう)さかの

(まつ)()かげに(あわ)せてぞみる

源朝臣俊頼

(あき)()

くまなき(そら)望月(もちづき)

(こま)(みやこ)()りやしぬらむ

前斎院肥後

会坂(おうさか)

(くも)(かけはし)なけれども

(そら)にぞかける望月(もちづき)(こま)

権少僧都永縁

会坂(おうさか)

(せき)(すぎ)まにひくなるは

こや望月(もちづき)(かげ)ぶちの(こま)

藤原朝臣仲実

相坂(おうさか)

(せき)杉村(すぎむら)()をしげみ

(たえ)まにみゆる望月(もちづき)(こま)

藤朝臣国信卿

逢坂(おうさか)

せきの(ゆう)()(ふか)ければ

さやかに()えぬ望月(もちづき)(こま)

大江朝臣匡房